自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【断捨離】今日捨てたモノ【子供服】

f:id:baku305:20171016113635j:image

色んな所から集まった子供服

30代で子どもを授かると、周りの20代で産んだ友達から子育てグッズのお下がりをたくさん頂けます。

我が家は今年二人目を授かったので、上の子のお下がりを含め、かなりの量の子育てグッズが集まってしまいました。

 

子育てグッズの終着駅

たくさんもらっても、誰か友達に子どもができれば自然とそこへ流れていくんですが、遅くにできた子どもだったため、周りにもう子どもが生まれる気配がない…

とうとう子育てグッズ流用の終着駅が我が家になってしまいました_| ̄|○

 

売・れ・な・い…

なんせ何世代にも渡って流れに流れて我が家にやってきた衣類です。

もう使い倒してヘタリがえらいことになってるものも多く、さすがに売れない。そしてチャリティに出すにも逆に迷惑かけそうなヘタリ具合… さらに保育園を利用する家庭が多かったため、全てのアイテムにはもれなく名前が書いてます…

最高で4つくらい名前が入ってる… 最初の子は今何歳なんだろう。

というわけでこれ以上よそ様へ流すと、耳なし芳一みたいなファンキーな出で立ちになってしまうので、あんまりなモノは処分することにしました。

 

ちなみに写真は極々一部です。まだまだ出てきそう…

 

【断捨離】今日捨てたモノ【ソファ】


f:id:baku305:20170924143331j:image

ダイニングセットのソファ

久々の大物です♪

引っ越しの際に買い揃えたダイニングセット。

ダイニングセットですがソファがついてます。これリビングでもくつろげるよう2in1の機能を持たせたちょっと背の高いソファなんです。

買った当時はスペースの節約になるってんで、いい買い物したなとは思ってたんですが、ミニマリストに目覚めてからは「正直なところ床生活が一番楽な( ・ิω・ิ)」という境地に行き着き、使用5年で断捨離候補に相成りました。

大型家具って処分がほんと大変で、リサイクルショップでは格安家具はほぼ買い取り拒否されるので、粗大ごみとして手続きが必要になります。

買うのに時間とお金使って、捨てるのにも時間とお金使う…

大物の処分の際にはいつも考えさせられます(´・ω・`)

 

今回は幸いにもママ友のお宅が引き取ってくれるので、お金はかかりませんが移送の労働が待ってます(汗)

 

大物家具の購入はほんと慎重に。

 

【映画評】謝罪の王様:2013年 日本

f:id:baku305:20171010155228p:plain

ストーリー:★★★★☆
コメディー:★★★★★
キャスト:★★★★☆
伏線回収:★★★★★

謝るとき、人は誰でも主人公。
主演の阿部サダヲ、ヒロイン・井上真央はじめ、贅沢なほどバラエティに富んだ錚々たるキャストが集結! 主人公の東京謝罪センター所長・黒島譲を演じるのは、個性派・演技派・人気実力派どれも兼ね備えた天才俳優・阿部サダヲ。
そして本作のヒロイン、謝罪センターのアシスタントとなる典子には井上真央。
さらに、岡田将生、尾野真千子、高橋克実、 松雪泰子、竹野内豊、荒川良々、濱田岳と日本映画界に欠かせない名優たちが勢ぞろい!
さらには、松本利夫名義でEXILEのMATSUが出演するなど、贅沢なほどバラエティに富んだ錚々たるキャストが脇を固める!

amazon

 

  • 何にでも謝り倒す日本を風刺したブラック・コメディ
  • クドカン作品お楽しみの『伏線回収』
  • つくづく日本って謝罪の国だなー(遠い目)
続きを読む

【断捨離】今日捨てたモノ【トースター】


f:id:baku305:20171011103535j:image
 

年季の入った20数年モノのオーブントースター

はい。見た目からパンチ効いてますが、つい先日まで我が家で現役だったトースターです。

嫁がひとり暮らししていた時にもらったモノです。その時からすでに中古!?

動くパーツはタイマーのダイヤルだけというコレ以上なくシンプルな構造ゆえ、まったく壊れない。単機能強し!

ただあまりに活躍しすぎて、場末の定食屋の厨房のような様相となってきました。

うちの両親もさすがに引くレベルだったようで、買ってもらえることに(>ω<)

断捨離というよりも買い替えですな…

ちなみに新しく買ってもらったトースターも温度とタイマーのダイヤルしかないどシンプルな一品です。何年持つかな~♪

 

【映画評】フリーランス:2015年 タイ

f:id:baku305:20171010124425p:plain

ストーリー:★★★☆☆
コメディー:★☆☆☆☆
オシャレさ:★★★★☆
社畜:★★★★★

コメディー作品。フリーランスのデザイナーであるユン(サンニー・スワンメターノン)は、毎日夜遅くまで仕事をし食事も不健康なものばかり食べていた。そんな生活を繰り返していたために、体に失神ができてしまう。診てもらうために病院へ行くと、担当医は若い美人女医のイム(ダーウィカー・ホーネー)であった。ユンは毎月病院へ通うことになり、次第に女医に・・・というストーリー。

タイ映画ライブラリー

 

  • げに恐ろしきフリーランスの性
  • お国柄っぽいラブストーリー

 

続きを読む