自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【こんなん観ました】ジョン・ウィック

ジョン・ウィック [DVD]

 伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、殺しの仕事から手を引いたジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)。暴力から遠く慣れた毎日に安らぎを覚えていた彼だったが、それをロシアン・マフィアによって奪われる。怒りと憎しみに支配された彼は、封印していた殺しのスキルをよみがえらせ、ロシアン・マフィアへのリベンジを果たすことを決意し……。

シネマトゥディ

ホテル暮らしで、いつも同じ服来てて、普段はバイクで移動して、地下鉄にも乗る。
超リッチなのに、ミニマムな暮らしを実践していて大好きなキアヌ・リーブス

ミニマムな生活の理由が闇が深そうで心配になりますが、ラーメン大好きで、来日の際にはラーメン行脚しているってところも大好きです。

そんなキアヌの新作ですよー。

キアヌの作品って、当たり外れの落差が大きすぎて見るとき慎重になるけど、今回は大当たりでしたー!

孤高の殺し屋。技がリアル過ぎ

マトリックスを初めアクション作品では、『技』に関しては並々ならぬ努力をしているキアヌですが、今作でもかっちょいい技決めてくれます。

伝説の殺し屋にふさわしい近接距離での殺し技、CQC(近接戦闘)は、ガン捌きもかっちょよくジェイソン・ボーンよりもリアルで容赦がありません。

確実に仕留めるために、かならず頭に1発いれるところもプロっぽい。

そしてゲームなような無双感。

倒した人数をカウントダウンする動画がありましたが、今作の中でキアヌが殺した人数実に60人以上!
ロシアンマフィア涙目!

何気に悲しみを背負う役が多い気がするキアヌですが、その反面アクションは感情を爆発させたかのような激しさ。でもプロの冷静さも併せ持っていてとってもCOOL!

こういうのうまいですな。アメリカンヒーローみたいにウォォオォッ!とか叫ばないし。

あと、最近のウィリアム・デフォーの出演率ってすげぇな。

これはシリーズ化の予感… ってかつくって。


『ジョン・ウィック』予告