自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【こんなん観ました】チャッピー

チャッピー  CHAPPIE (字幕版)

 

現在と地続きの近未来

ストーリー:★★☆☆
アクション:★★★★☆
リアリティ:★★★★☆
ヒュー・ジャックマンの髪型:☆☆☆☆☆

2016年、南アフリカ。ディオン(デヴ・パテル)は、世界初の自身で感じ、考え、成長することができる人工知能搭載ロボットのチャッピーを開発する。しかし、世界でも有数の危険地帯ヨハネスブルクに巣食うストリートギャングにチャッピーと一緒に誘拐されてしまう。起動したばかりで子供のように純粋なチャッピーは、ストリートギャングのメンバーたちと接し、彼らから生き抜くためのスキルを学んでいく。圧倒的スピードでさまざまな知識を吸収していくものの、バッテリー残量が5日分しかなく……。

シネマトゥデイ

鬼才ニール・ブロムカンプ監督による3作目のSF作品です。
ブロムカンプ監督の作品は、貧困や差別など現代社会の問題をそのままSF世界へ落とし込むので、異様なリアリティがあります。世界が現実と地続きなんですよね。

過去の作品も共通していますがマイノリティの視点から描かれる世界観は、舞台となる南アフリカという国の特異性と相まって、ディストピア感半端ないです。

ブロムカンプ作品のテーマ

第9地区:難民問題

エリジウム:貧困問題

チャッピー:マイノリティに対する偏見

ね?重たいでしょ?

現実を皮肉ったピノキオ

ストーリーは、『ガチリアルに翻弄されるピノキオ』って感じ。

ロボットに自我が芽生え、人の成長と同じように世界を学んでいく。

それだけ見れば、ほのぼのヒューマンストーリーですが、この監督がんなもん作るわけない。

自我が芽生えたロボットは「チャッピー」と名付けられ、ジュゼッペおじさんならぬ、開発者「ディオン」の元ではなく、どういうわけがギャングに育てられます。そしてもう見事なDQN仕様に生まれ変わるのです。

明らかに頭の弱いチンピラギャングの「ニンジャ」、「ヨーランディ」、「アメリカ」が父、母、叔父のような存在で、チャッピーにギャングのイロハを教え込みます。実践的に♪

そして立派に成長したチャッピーは見事、現金輸送車の強奪に成功するのです。(やったね♪チャッピー!)
やってることは、性格はいいんだけど悪い友達にそそのかされて善悪わからずに万引きしちゃった子みたいな感じね。

そのため、チャッピーの本来の業務である警察ロボットの信頼はガタ落ち。チャッピーには破壊指令が下されます。(やりすぎたねチャッピー♪)

破壊の使者は、ロボット警察の競合に敗れ、チャッピー含めロボット警察を妬んでいた開発者ムーアが操る暴動鎮圧ロボ「ムース」。(どうみても軍用兵器だね♪武装が過激♪)

ピノキオのラストよろしくクジラのように強大な力で襲い掛かる「ムース」。
生みの父であるディオンを助けて見事生還かと思いきや、まさかのディオン致命傷!(ムース無双で大虐殺!ゴアシーンもあるよ♪)

そしてラストは甘っちょろいハッピーエンドなんざ迎えません。ピノキオの方向性からは真逆に捻じれまくります。

---ちょっとネタバレ---

プレステを組み合わせてスーパーコンピューターばりの処理性能を引き出せるって夢がありますw そしてロボットと同じく人の意識(魂?)をコピーしちゃうっていうのがミソ。しかもUSBメモリに収まります…人間の魂の容量って一体…

この辺の要素だけで映画一本撮れちゃいますが、ラストに効いてきますよ。

徐々に大物の出演も目立ってきました

ちなみにチャッピーの動きのモデルはブロムカンプ監督作品の常連シャールト・コプリー。動きだけの参加ですw

『第9地区』ではエイリアンに変貌し、『エリジウム』では顔面を吹き飛ばされ、とうとう今作では顔すらでてきません。でもフル出場ですw

 

前作『エリジウム』では主演にマット・デイモン、敵役のボスにジョディ・フォスターと徐々に大物の起用が目立ち始めたブロムカンプ作品ですが、今作も出てますよ♪

野心に燃える開発者ムーアをヒュー・ジャックマンが演じます。
ムーアは開発者という肩書なれど、見た目は完全に軍人で常に銃を携帯しています。そして気に入らないと手が出ちゃうジャイアンのような気質。チャッピーとディオンを公私に渡り追い詰めてきます。

髪型も性格ジャイアンにぴったりなウルフィーカット。DQNの息子みたいですな。

 

ディオンとムーアが勤務する兵器開発企業のボスにシガニー・ウィーバー

大物なので裏でいろいろ策略を巡らす役回りかと思いきや、状況の翻弄される一番かわいそうなポジションでした…

言っていることは冷徹ですが比較的まともです。暴走する部下を持つと大変ですな。

 

ただのSF作品じゃない。その本質は見終わった後にジワリとくる

近未来の造形が魅力的でガジェット、ミリタリー好きにはたまらないんですが、それ以上に世界が持つ病魔をわかりやすく教示してくれるので、単に娯楽として楽しむ以上に、自分ならどうするかを考えさせられます。
とりあえず南ア怖い。

 


映画『チャッピー』予告編