自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【ミニマムアイテム】100均の和風バンダナが万能すぎる【フレームバッグ編】

f:id:baku305:20160529092242j:plain

万能な風呂敷を自転車ライフに

ローディ(ロードバイクに乗る人)なんですが、ロードバイクは収納がありません。

自然何かしらのバッグを背負うスタイルが多くなるのですが、長時間乗るときはなるべく体に何も身につけない方が快適です。

そこで登場するのがフレームバッグ、サドルバッグといった車載バッグ。
大きさも様々あり、日帰りのロングライドに適した小ぶりのフレームバッグから、連泊にも対応した大型のサドルバッグまで多彩なラインナップがあります。

ただし…まともなメーカーのものはそこそこお高い…

そしてミニマリストとしては、たまにしか行かないロングライドのために新たにアイテムを増やしたくない。

ということで、風呂敷でフレームバッグを作ってみました。
使っているのは100均の和風バンダナですが、用途としては風呂敷の結び方を参考にしているので『風呂敷』と呼びます。

風呂敷フレームバッグの作り方

1)100均の和風バンダナ60cm×60cm(風呂敷)と収容物を用意(今回はツールボトル。ペットボトルとかコンビニおにぎりなどの食料でも良)

f:id:baku305:20160529091445j:plain

 2)風呂敷の一辺をフレームに結びつけて固定します

f:id:baku305:20160529091518j:plain

 3)もう一辺もフレームに結びつけることで中央が袋状になります。そこに内容物を収めます。完成!

f:id:baku305:20160529091546j:plain

超簡単!!

ただ袋状の箇所にモノを入れるだけですが、これが不思議なかなかのホールド感でこぼれ落ちる心配はなさそうです。50kmほど走りましたが不安はありませんでした。

注意点

  • あまり横幅の広い物だと足に干渉してしまいます。今回使ったツールボトルやペットボトルのような長細いものであれば大丈夫です。
  • 写真のようにフレームに結んだだけでは走行中にフレーム上を滑ってくるので、紐か何かでハンドル側に固定する工夫が必要です。

 

設置が簡単でかさばらないので、出先で荷物が増えた時など重宝しますよ。
柄モノの風呂敷を使えば、ワンポイントのアクセントになって見た目もステキになります♪