自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【こんなん観ました】ギャラクシー街道

ギャラクシー街道 DVD スタンダード・エディション

出せばヒットの三谷幸喜作品に初黒星が…

ストーリー:★☆
キャスト:★★☆
コメディー:★★☆☆☆
とっ散らかりさ:★★★★★
 

西暦2265年、木星のそばに位置する人工居住区「うず潮」は、「ギャラクシー街道」と呼ばれるスペース幹線道路で地球と結ばれている。以前はにぎわった街道も開通して150年がたち、老巧化が問題視されてきた。そんな街道の脇で営業している飲食店には、さまざまな星からそれぞれに事情を抱えた異星人たちが集まっており……。

シネマトゥデイ

三谷幸喜作品の持ち味は緻密な脚本によるミニマムな空間での群像劇。

個々のエピソードが伏線を織り交ぜつつ交差し、終局で見事にハマるという痛快さが売りだと思います。

どちらかといえば舞台向きの脚本を、超豪華なキャストで映画化したというスタイルで唯一無二感がありますよね。

今作もそんな三谷作品としての法則はしっかり押さえられているのですが、すっげぇ評判悪いの(汗)

一応ほぼ全ての三谷作品を観てきたのでこれも恐る恐る観賞してみましたよ。

 初めてのSFモノ。のほほんとした空間は好きです。

宇宙航海時代に栄華を極めたスペース幹線道路も今はすっかり寂れて廃止が噂されるほど。そこにひっそりと営業を続けるハンバーガーショップが物語の舞台となります。

アメリカの旧公道ルート66をベースにしているように見え、ハンバーガーショップのデザインも趣があってとても好きです。

店を切り盛りする地球人夫婦を軸にたまにやってくるアクの強い異星人の客、偶然居合わせた地球人夫の元カノの存在と小さなエピソードが次々と発生するグランドホテル方式の設定。この方式は過去にも「有頂天ホテル」で使われた盛り上がる鉄板の設定のはずなんですが…

 

 

…………なぜかハマらない!?

 

世間の異様な低評価。でも三谷作品ということでかすかな期待を寄せていたのですが、やはりどうみても最期まで消化不良のまま尻すぼみで終わってしまいます。

やっぱ脚本?そうだよね?それ以外ないよね…

キャストが豪華過ぎてエピソードとのギャップが…

三谷作品では一度気に入られると何度もキャスティングされるという、ホント演劇を軸としたプロセスをたどることが多いのですが、元々実力のある演者がキャスティングされるので、回を重ねるごとに超豪華なキャスト陣が出来上がります。

今作ももう非の打ち所のない役者陣のため、芝居の安定感がピカ一。反面、練り込まれていない脚本と噛み合わないというなんとももったいない現象が発生しています。

マジもったいない!マジでもったいない!!

 

そして、三谷作品では珍しい下ネタの配合の多さ…

小ネタにしても結構知的な笑いを繰り出す方だと思っていたのですが、今回はもうなかなかの酷さw

便所や風俗、果ては出産も含めて下系のネタの濃度がやけに濃いです。酒飲みながら書いたの?

公開時に大竹しのぶがインタビューで「ホントに何も残らない作品」なんて言ってましたが、まさにそれが最適解で、不思議に見終わった後、脳に蓄積されないw

三谷幸喜自身は、真田丸も控えていたし、私生活も色々あったので、オーバーワーク気味だったのかな(弁護)

中規模の劇団が客席200くらいのキャパの箱で演ったら、安心して笑って見られると思います。

色々もったいない作品でした。

 


「ギャラクシー街道」予告