自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【断捨離】実家に残っていた私物。5秒で決断した自分を褒めたい!

 モノをチェックする時間と労力は大変なもの

ゆる~いミニマリストを目指し、最近はだいたい自分の持ち物も把握し始めたところです。

ところが先日実家より電話が。

「物置からあんたの私物がダンボール3箱くらい出てきんやけどどうする?」

………

「予想外です(ダンテ・カーヴァー)」

実家の私物は念入りに処分して、ほぼ皆無と思っていたのですが、まさかまだ把握できていない生き残りがいたとは…
まったく記憶に無いダンボール3箱。たぶん7~8年は放置されていたものと思われ。

ざっくりどんなものが入っているか聞いた後、考えること5秒。

「捨てて!」

………

今までの自分であれば、折を見て実家に出向き、中身をよく吟味したうえで仕分けしていたと思います。

例え最終的に全ていらないものと判断することになっても…

 

実家に出向くこと。中身をチェックすること。仕分けの判断をすること。

かなりの時間と労力を必要とします。

少なくとも7年も放置しておいて、思い出せず、生活に支障もなかったモノは、自分の人生には必要ないものなのでしょう。

今回は、そのような決断をできるようになった自分の成長を褒めたいです。

少しはミニマリストに近づいたかな(*ノω・*)テヘ

新・片づけ術「断捨離」

新・片づけ術「断捨離」