自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【ライフハック】キャンバススニーカーは靴ブラシと消しゴムで簡単クリーニング【お手軽】


f:id:baku305:20170419084855j:image

永遠の定番キャンバススニーカー

一生履き続けたいと思う靴がコンバースのキャンバススニーカーです。

安価シンプル、ゆえにお手入れ簡単

これほど気を使わず履ける靴はありません。ほんと履きつぶすまで履きこめる

お手入れもバケツに突っ込んでたわしでゴシゴシすれば、あっという間にキレイになります♪

ただ毎回バシャバシャと水洗いするのはちょっと面倒くさい。簡単なのに面倒くさい

そこで簡単なお掃除方法をご紹介。

 


f:id:baku305:20170419084914j:image

必要なもの

  • 消しゴム(どんなものでもOK。キン消しでもOK)
  • 靴ブラシ(ホームセンターで200円程度のもの)

いるものはこれだけ。

靴ブラシは100均のものでもいいかな。あまり固いブラシは使わないでください。キャンバス地にダメージが残ります。

※水洗いするときもたわしでゴシゴシしすぎると生地がボロボロになるよ♪


f:id:baku305:20170419084930j:image

さて3ヶ月くらい洗ってないマイシューズです。(汚物の公開スイマセン…)

やはり白地のゴムの汚れが目立ちますね。


f:id:baku305:20170419084942j:image

1) まずはブラシで全体のホコリを払います。

これだけで汚れの7割は落とせます。


f:id:baku305:20170419085000j:image

2)汚れが目立つゴムの箇所消しゴムをかけます。

けっこうあっさり汚れが落ちます。

正面から見えるつま先の部分は入念に。

白スニーカーの場合、生地の汚れの強いところもこの消しゴムを使います。けっこう落ちます。


f:id:baku305:20170419085015j:image

サイドも汚れやすいところ。キャンバススニーカーは底が厚くて直線なので消しゴムがかけやすい。


f:id:baku305:20170419085030j:image

数十秒程消しゴムをかけただけですが、これくらい汚れが落ちます。

このシューズは3ヶ月くらいほったらかしだったので、なかなか真っ白にはならないですが、隔週くらいのペースで毎度1分くらい消しゴムかけたら、白さを維持できるでしょう。


f:id:baku305:20170419085044j:image

サイドもこれくらい。

ハマると真っ白になるまでやりたくなりますよ(*ノω・*)テヘ

ただ靴ひもや内部の汚れは別の話なので、周期を決めてジャブジャブ洗いしましょう。

因みにキャンバススニーカーを買うと靴ひもは必ずゴム紐に替えます。

ちょう捗る( ̄ー ̄)ニヤリ

 

takabow.hateblo.jp