自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【ミニマリスト】モンベルバックパック

f:id:baku305:20170525083610j:image

モンベル バランスライト20

最近は子供と出かけたり、自転車に乗ったりで、両手の自由がきくバックパックの出番が非常に多くなりました。

ただバックパックの難点としてカバン自体が「重い」「かさばる」「なんかベルトとかごちゃごちゃする」というのがありまして…

「通勤にも使いたいし~…」「やっぱミニマルがかっこいいし~…」とか考えて今はこれに落ち着いています。

耐久性・シンプルな構造・価格 すべてに合格点

もともとは高所登山のトップアタックに使われるサブバックです。そのため非常にコンパクト必要最低限の機能しかついてません。 

f:id:baku305:20170525083632j:image

メイン1気室に天蓋に2つポケットがあるだけ。

メインは巾着状なので、もうズタ袋のようにモノを詰め込むだけのシンプル仕様。

f:id:baku305:20170525083729j:image

背面のクッションは取り外しが可能で、取り外せば本体はくしゃくしゃと小さくして収納できます。

旅行のサブバッグとしても利用できます。

f:id:baku305:20170525083646j:image

天蓋のポケットは止水ジッパーなので、小ぶりの雨くらいなら全然平気です。

f:id:baku305:20170525083659j:image
f:id:baku305:20170525083715j:image

天蓋は外側からアクセスするメインのポケットと、内側からアクセスする小さなポケットの2つがあり、よく使う小物はこちらに入れておくと便利です。

20リットルは普段使いに絶妙なサイズ

通常バックパックは標準的な容量として30リットルが多いんですが、1サイズ下の20リットルは都会で使うには絶妙な大きさ

担いだ時に背中の範囲に収まり、正面から飛び出して見えないので仰々しくなく、普段使いから1泊の旅行、本格的な日帰りのハイキングまで過不足なく使えるサイズです。

ミニマリストなら更に荷物が減るので、必要十分な大きさですね。

本体外側にはストックを吊るすフラップ程度しかないので、見た目スッキリ、シルエットがとてもキレイです。 

弱点は開け閉め

天蓋のフラップを開け、巾着状になっている本体のベルトを引っ張って開ける。2アクションいるのでモノの出し入れの多い人には向きません。

開口部が上部にしかなく底も深いので、何でもかんでも放り込んでしまう人は、モノが迷子なりそうです。

 

シンプルでコンパクト、自分なりのルールで使う必要があるアイテム、ミニマリストには相性がいいかもしれませんね。