自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【ミニマムアイテム】無印のゲルボールペン【ベスト・マイ・ペン探し】

f:id:baku305:20170518120709j:image

無印良品 選べるリフィル ゲルボールペン

持ち歩くペンは、気に入ったもの1本だけ! と決めているのですが、これがなかなか決まらない…

今までもラミーの万年筆パイロットのボールペンフリクションの3色ボールペンなど試してきましたが、最近はこれに落ち着いてきました。

 

ここが好きだよ。無印ゲルボールペン

安くてどこでも売ってる

税込み100円。無印良品の店舗ならサテライト店や場合によってはコンビニでも取り扱いがあります。

いつでもどこでも同品質のものが手に入るってのは強いです。


f:id:baku305:20170518120720j:image

 六角軸で転がらない

ボクは六角軸が手に馴染みやすいようです。えんぴつの握り心地が好きなんですね。

六角軸のメリットは転がらないこと。置いたところにちゃんといてくれます。机から転がって落ちたときの憂鬱感ったらもう…

 

キャップいらずのノック式

胸ポケットに入れておくことが多いんですが、サッと取り出してすぐ書くにはノック式が便利です。キャップ式は1)キャップをはずす 2)お尻に差す という2アクションがけっこうめんどくさい…

ただ気をつけないとペン先出しっぱなしで白シャツの胸ポケットに…!

 


f:id:baku305:20170518120729j:image

かすれずしっかり書けるゲルインク

筆圧が強いほうなので、ゴリゴリ書きすぎてインクの出が悪くなってしまうことがたまにあります。

ゲルインクだと筆圧が強くてもスラスラと程よい量ででるのでとても書き良いです。

 

まとめ

永く愛用できるペンを見つけるのは大変な作業です。

高級なペンも品質は最高だと思いますが、「高かったから…」「モノがいいから…」という感情に囚われてしまいそうで怖いです。

大量生産品でも実用品としていつも使っていれば愛着もわきます

相棒』としての道具を探していきたいですね。