自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【自薦】ミニマムライフ・シンプルライフな映画

Desert Road
Desert Road / wwarby

ミニマムライフ・シンプルライフな映画を集めてみました。
どれも僕に様々な想いを抱かせてくれた大事な作品です。

 

かもめ食堂(2006)

サチエ(演:小林聡美)はフィンランドの首都ヘルシンキにて、「かもめ食堂」という日本食の食堂を営んでいる。しかし、近所の人々からは小さい人のおかしな店と敬遠され、客は全く来ない。

そんな折、食堂にやってきた日本かぶれの青年・トンミからガッチャマンの歌の歌詞を質問され、思い出せず悶々としていたサチエは、町の書店で背の高い日本人女性・ミドリ(演:片桐はいり)を見かける。意を決して「ガッチャマンの歌詞を教えて下さい」と話しかけると、ミドリはすぐに全歌詞を書き上げた。旅をしようと世界地図の前で目をつぶり、指した所がフィンランドだったというミドリに縁を感じたサチエは、彼女を家に招き入れ、やがて食堂で働いてもらうことになる。

ミドリは食堂を繁盛させようと様々なアイデアを出すが、一方でサチエはかもめ食堂のメインはあくまで「おにぎり」であるというポリシーを持っており、譲らない。だが、ある日思い立ってシナモンロールを焼くと、いつも遠巻きに見ていた主婦たちがその匂いに釣られて来店し、その日を境に少しずつ客が入るようになる。

そんなある日、マサコ(演:もたいまさこ)という日本人旅行者がかもめ食堂を訪れる。マサコは介護していた両親が亡くなった後、ある時ふと目にしたテレビでフィンランドのエアギター選手権を知り、おおらかな国民性に惹かれてフィンランドまでやって来たのだった。空港で荷物を紛失して足止めを受けていたマサコは、荷物が見つかるまでの間、観光をしながらかもめ食堂へ度々来店し、そのうち食堂を手伝うようになる。

かもめ食堂 - Wikipedia

まったく馴染みのなかったフィンランドという国が行きたい国No.1に!

もう実際に行っちゃいました♪ ほんとに作品のままの国でしたよ(*´ω`*)

透明感のある心地の良い空気で人も街もおおらか

何も持たず、余計なことは考えず、ただその場の空気を感じることが楽しい街でした。

この作品を観て『シンプルな生活』を題材とした作品、特に荻上直子監督、フードコーディネーターの飯島奈美さんに注目しだしました。

 


映画 『かもめ食堂』 予告編

 

めがね(2007)

 

人生の一瞬に立ち止まり、たそがれたい。何をするでもなく、どこへ行くでもない。

南の海辺に、ひとりプロペラ機から下り立った女・タエコ。

その小さな島は不思議なことだらけ。見たこともない不思議な「メルシー体操」なるものを踊る人々、いつもぶらぶらしている高校教師・ハルナ、笑顔で皆にカキ氷をふるまうサクラ、飄々と日々の仕事をこなすハマダの主人・ユージ…。

マイペースで奇妙な人々に振り回され、一度はハマダを出ようとするが、自分なりに「たそがれる」術を身につけていくタエコ。そして、タエコを追ってきたヨモギを含めた5人の間には奇妙な連帯感が生まれていく。しかし、その時間は永遠には続かない……。

めがね (映画) - Wikipedia

かもめ食堂と同じ荻上直子監督による作品。

舞台はガラッと変わりまして日本の離島。鹿児島県与論島が舞台です。

携帯の電波と届かない民宿で『たそがれる』をキーワードにゆる~い空気で物語が進みます。

タイトルの『めがね』は出演者が皆めがねをかけているってだけで深い意味はないそうです(汗)

 


めがね 予告編

 

マイレージ、マイライフ(2009)

ライアン・ビンガムはいわゆる「解雇宣告人」であり、1年のうち300日以上を出張のために全米中を飛行機で飛びまわるのに費やすという人生を送っていた。彼の目標はマイレージを1000万マイル貯め、飛行機に自分の名前を残し、フィンチ機長と面会すること。「バックパックの中に入りきらない人生の持ち物は背負わない」というモットーを持ち、肉親とも距離を置き、結婚にも興味を持たず、旅先で知り合ったアレックスとも気軽な関係を続けていた。

だがライアンがオマハの本社に戻ったある日、新入社員のナタリーが現地出張を廃止してネット上で解雇宣告を行うシステムを提案する。ライアンはそれに反対し、ナタリーと衝突する。そこで上司のクレイグは、ライアンにナタリーの教育係を命じ、彼女に実際に解雇宣告を経験してもらうために二人で出張させる。まず、ラッゲージの中身をほとんど捨てさせる。

そんな折、ライアンは姉のカーラから、3週間後に結婚する妹のジュリーのために、彼女と婚約者が写った看板を持ち歩き、出張する先々で写真を撮ってきてほしいと頼まれる。ライアンはナタリーとともに出張を続けながら、アレックスとの時間を作ることを計画。一方のナタリーは、人を“切る”ことで初めて目にした様々な人生に衝撃を受け、さらに自らの仕事を皮肉るかのように、恋人からメールだけで別れを告げられたことに心を乱されていた。3人が初めて顔を合わせた時、ナタリーは、アレックスに対して「気軽な関係」としか言えないライアンを非難する。しかし実はライアンも人生で初めて、空っぽのバックパックに何か入れたい、と思い始めていた。

ジュリーの結婚式にアレックスを同伴する。ところが、婚約者は結婚をためらい、『ビロードうさぎ』を読んだことがあるか?とライアンに問う。何とか説得して仕事に戻るのだが、満たされず、シカゴのアレックスの家を訪ねる…。ついに、1000万マイルを貯め、7人目の偉業を達して機長とも話す。会社に戻ると解雇された女性の一人が「予定」どおり橋から自殺する…。

マイレージ、マイライフ - Wikipedia

ちょっとストーリー説明長いですが、 年間300日以上も出張する主人公はライフスタイルも人間関係も全てがミニマムで余計なものは一切持ちません

とことんまで自分のスタイルを追求すると、いつの間にか大事なものまで捨ててしまっていたなんてことありませんか?

大事なものはなんなのか、一度立ち止まってみることが大事ですね。

なんともミニマリストが陥りやすい事態を暗示しているような作品でした。

 


「マイレージ、マイライフ」予告編

 

365日のシンプルライフ(2013)

ヘルシンキに暮らす26歳の青年ペトリは恋人との破局を発端に、さまざまな物にあふれた生活を変えることを決意。持っている物を全部倉庫に預け、倉庫から持ち出すのは1日に1個、1年間継続、1年間何も買わないという四つのルールを課す。今、自分に必要な物を選ぶという日々の決断を通じて、彼は人生で大切な物は何かと模索するようになっていく。

シネマトゥデイ

シンプルライフ・ミニマリストというライフスタイルを本気で始めようと思い立った作品。

所有品をただ捨てるのではなく、0から始めて必要なものを都度増やすことでモノと向き合うというアプローチが新鮮で、序盤の全裸で雪降る街を疾走するというパンチ力も相まって、一気にハマりました。

主人公のおばあちゃんの言葉が心に残ります。

『人生はモノでできてない』

あとフィンランド大好き♪

 


映画『365日のシンプルライフ』予告編

 

 

ファイトクラブ(1999)

空虚な生活を送るヤング・エグゼクティブのジャックは、謎の男テイラーに導かれるまま、謎の秘密組織「ファイト・クラブ」のメンバーになる。そこは鍛え抜かれた男達が己の拳のみを武器に闘いを繰り広げる、壮絶で危険な空間だった。血飛沫が飛び散る拳闘シーンの迫力もさる事ながら、圧倒的な印象を残すのは「セブン」のデヴィッド・フィンチャー監督による暴力的ともいえる映像の洪水。世紀末のカオスをまさに”体感“できる一作だ。

映画 ファイト・クラブ - allcinema

激しい暴力描写やデビット・フィンチャー監督作品としての面白さも満点なんですが、特筆すべきは、ダブル主人公のタイラー・ダーデンの強烈な文明排斥主義なところが、ミニマリストの心を揺さぶります。

仕事の中身でお前は決まらない。預金残高とも関係ない。持ってる車も関係ない。財布の中身も関係ない。クソみたいなファッションも関係ない。

劇中の有名なセリフですが、他のにもミニマリスト的名言がバンバン飛び出ます。

前のめりなミニマリストには強烈に効くので注意が必要。一般的な社会には戻ってこれなくなるかも。

 


ファイト・クラブ (Fight Club) - YouTube

 

イントゥ・ザ・ワイルド(2007)

大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入れるための放浪の旅に出る。労働とヒッチハイクを繰り返し、アメリカからアラスカへと北上。アラスカ山脈の人気のない荒野へと分け入り、捨てられたバスの車体を拠点にそこでの生活をはじめる。

シネマトゥデイ

実話を元にしているだけに、主人公の青年の生涯には衝撃を受けました。

「ミニマリスト」=「世捨て人」みたいなイメージになりそうですが、こういった行動はなんとなく理解できる…っていうか憧れる部分もあります。

20歳の時にこの作品に出会っていたら、同じことしてそうで自分が怖い(゚∀゚)

 


映画『イントゥ・ザ・ワイルド』予告編 - YouTube