自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【書評】100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート


f:id:baku305:20170715165534j:image
 

自分の基準をもつ大切さ

『100の基本』は人生という旅の地図、常に身につけて変化させていくものです。

著者の松浦弥太郎氏は雑誌「暮らしの手帳」元編集長。現在は文筆家で書店「COW BOOKS」を運営するなど多岐にわたる活躍をしておられます。

他の著書を何冊か読みましたが、どれも自分に厳しくも丁寧な暮らしを目指しているのだなと感じました。

この本は、そんな松浦氏が旅のお守りと称するように、人生においての旅で自分を見失わないようにするための100の指標をまとめたものです。

見開きで1つの基本と説明文となるので、とても読みやすく、サクサクと1時間くらいで読み終われます

100の基本の割にやけに本が分厚いなと思っていたら、松浦氏の100の基本+松浦氏が運営する書店「COW BOOKS」の100の基本がセットになっていました。

こちらはCOW BOOKSで働くスタッフが心がけている100の基本で、接客業の人は必読です。

 

 心に残った言葉

003 シンプルに生きる。すべきことは少しでいい。

すべての行動の基本だなと思いました。

目的を絞って、複雑なことを単純に。

007 どんなことにもその先に人がいることを忘れない。

ゴミを捨てたらそのゴミを収集してくれる人がいます。

トイレに入ったら次に使う人がいます。

自分の行動の先には必ずそれを受け止める人がいることを考えれば、自ずと普段の行いが丁寧になってきます。

033 指先と手を常に清潔に。

これは怠っていました。デスクワークなので、手は商売道具です。商売道具を常に磨いておくことは当たり前で、メンテナンスしておくべきです。

仕事の合間に手をキレイ洗うのもすっきりして気持ちいいです。

038 100冊の本を読むよりも、よい本を100回読む。

かのブルース・リーもいっていました。

1万種の蹴りを覚えた者は怖くない。1種の蹴りを1万回練習した者を恐れる

積み重ねのちからは最強です。

050 年齢を問わず出会う人はみな教師。

40代にもなると、出会う人に年下が多くなってきます。その時に人生の先輩風を吹かせて上から目線で話すことは絶対にしないと決めています。

高田純次もいっていました。

自慢、説教、思い出話は控えていかないと自分が伸びない

まさにその通り、人生の教師に生きてきた長さは関係ありません。

063 ただのものには近寄らない

ミニマリストあるある。お金が無料でも心のキャパは使ってます。

080 歴史を学ぶ。歴史から学ぶ。

流行が一定の周期でめぐってくるように、過去の出来事も現在によく当てはまります。

人ってそこまで学習しないものですね…

だからこそ歴史を知りましょう。

085 アクセルよりもハンドリングよりもブレーキ上手になる。

これはほんとそう。いくら器用に動き回っても暴走してたら意味ありません。

周りも自分も事故に合わないように適度なブレーキングが重要です。

091 仕事人間にならない。生活人間になる。

これを考えたら気持ちが楽になりました。ついつい仕事が人生の軸になりがちなのでこうやって自分を戒める必要がありますね。

 

まとめ

100の中で自分に当てはまったのは10にも満たなかったんですが、なりたい自分の指標をリストアップしておくことは大事ですね。

本棚の隅っこにチョンと置いていて、ちょっと気持ちがモヤモヤするときに開くと、スッと気持ちが楽になります。