自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【断捨離】モノを手放す方法は「捨てる」に限る

f:id:baku305:20170621175955j:plain

 

断捨離に目覚め、このサイトを始めて2年以上、大きな家具から小物までマイペースでモノを減らしてきました。

手放す方法はモノやライフスタイルによって様々ですが、あまり方法にこだわるとモノを減らすことが苦痛に変わることがあります。

モノの減らし方はなるべくシンプルにしたいものです。

 

 

 

手放す方法1「売る」

できれば持ち物全てが売れればうれしい。でも現実はなかなかそうはいかない(´・ω・`)

メリット

  • お金に変わる… もうこれだけ!

デメリット

  • 売るための手続きが面倒(会員登録・査定・オークションへの出品)
  • いくらで売れるのか市場調査したくなる
  • 高値で売るために清掃したり付属品を探したりと忙しい
  • ここまでやっても買取不可ということもある

最近は比較的どんなモノでも買い取ってもらえるようです。

オークション系サイトも多くありますし、こんなものが売れるの!?ってモノも売れます。

ただ手続きの労力の割に買取価格が二束三文だったり、がっかりすることも多いので、事前にどれほどの価値があるのか調べる必要がありますね(これがめんどい…)

車・バイク

これはよっぽどのことがない限り売れますね。

専門業者を介せば面倒な手続きも代行してくれる上、比較査定も可能。

まとまった金額が手に入るので労力分はカバーできるはず。

 

ブランド品

これも状態が良ければそれなりに売れます。

ただ売る前提で持っているのもなんか悲しい… 気に入ったブランドであればこそガンガン使い込みたいですね。

 

パソコン・カメラ・家電

精密機器なので売れますが、買取価格の落ち方も尋常じゃないジャンル。

カメラなどの持ち運びできるモノは持ち込みもできますが、大型家電は引き取りが必要で価格も読みづらい。二束三文になるケース多し…

 

衣類・靴

中古品はブランドものじゃない限り、ほぼ買取不可でしょう。

個人売買で売れるかもですが、労力やトラブルを考えると…ねえ…

 

 

手放す方法2「ゆずる」

友人・知人が多ければこれも有効。

メリット

  • 再利用してくれる
  • 手放す罪悪感が少ない

デメリット

  • ゆずる人探しが大変
  • 人にゆずるからこそメンテナンスが必要(面倒…)
地域掲示板を活用

地元の無料掲示板サービスなどを利用すれば、「欲しい人」「くれる人」を探すことができます。

近くの人であれば直接会って手渡しすることもできるので安心。

jmty.jp

 

 

手放す方法3「捨てる」

判断基準は自分だけ! 最速最強の断捨離

メリット

  • 捨てる判断は自分次第
  • ゴミに出すだけなので後腐れなし
  • 労力なし

デメリット

  • 自己の判断を信じる精神力が必要
  • 捨てるだけでもお金がいる場合がある

 

まとめ

高価なモノは「売る」まだ使えるモノは「ゆずる」という方法でもいいんですが、高値を付けるために外箱を保管したり、モノの状態を事細かく調べたりと、手放すまでに

大小の手間がかかります。

モノを手放す目的はシンプルであるためなので、何者にも縛られず手間は最大限減らしたいです。

やはり捨てるという選択肢を最優先で選ぶことができるように邪念を払拭したいですね。