自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【書評】パクる技術

f:id:baku305:20170803113935j:image

パクるってワードの嫌悪感

本業はデザイナーをしているので、パクるって言葉には敏感です。

オリンピックのロゴであったり、難聴の作曲家であったり、創作の世界ではパクリとされる事例が枚挙にいとまがありません。

よってパクる=悪の図式が出来上がるのですが、よくよく考えると初心者は皆マネから始めるんですよね。

より良いお手本をまずは模倣して自分を形作っていくものなんです。
赤ん坊だって最初は親のマネをしながら成長していくんですから。

本書はビジネス向けの内容ですが、自分の道に迷ったり、自分に自信がなくなった時に読むと人まねでも良いんだ!と少し気持ちが楽になります。

 

 

 3つのパクる技術

成功事例から、新しいアイデアを生み出す

オリジナルの方法で成功できりゃあ苦労ねぇ!

まずは成功事例を徹底的に分析してみる必要があります。それを真似てみてから、自分なりの解釈を生み出すことが一番の近道です。

愚直にお手本を真似る

パクッてる最中に自分なりのやり方を混ぜだすとだいたい中途半端なひどいことになります。

パクるなら徹底的に細部まで真似てみる。そこから見えてくるものがあります。

とにかく、すぐパクる

スタートダッシュは大事。すぐパクる。すぐやってみる。早く到達すればするほど、新しいアイデアを生み出すスパンが短くなります。

 

上手にパクる4つの手法

つまらないプライドは捨ててしまう

パクることは言葉のイメージからどうしても恥ずかしさがつきまといます。

でもそんなことどうでもいい!

堀江貴文氏もいってました。

「プライドの低いバカ」が一番得をする。

だれにでも声を掛けられるし、何にでも挑戦し、わからなければ躊躇なく人に聞ける。

 バカでいい。ダメだけど。

 

己の「強み」と「弱み」を知る

自分自身を知らなければパクってもただそのままトレースしているだけです。

自分にとって何を吸収するのかをしっかり知っておきましょう。

 

ゴールを明確にする

ただパクリ続けても意味はありません。

成功事例を一心不乱に研究してもそれをso what(だからどうするのか)に落とし込まなければ自己満足で終わってしまいます。

 

情報感度を高める

どこが何でどのようにして成功したのか、成功事例を見つけるためにアンテナを張る必要があります。

 

まとめ

言葉遊びになっちゃいますがパクるといっても様々で盗むとは根本的に違います。

まず最初に人まねから始めてもそれは最短を走る手段の一つなんだと納得しました。

デザインの世界でももし自分のデザインがパクられてもそれがクライアントを含め害がない場合は、パクられるほど人に影響を与えたんだと思うようにしています。

互いに影響を受けるようなものを作り出していきたいですね。