自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【書評】最速でおしゃれに見せる方法:MB

f:id:baku305:20170815122531j:image

自分のファッションセンスが信用できない

ジョブスやザッカーバーグのように私服を決めて制服化したいけど、まず何を基準とすればいいかがわからない。

本書は理論立てて、スタイルを絞り込んで説明されているので、定番のスタイルを組み立てやすいです。

 

 

 

センスに頼るよりも理論を学ぼう

オシャレさんになる必要ないんです。ただ明らかに似合ってない服装はしたくないんです。そして似合っているかどうかの判断にまったく自信がないんです。

ウン万円のブランドのジャケットとかパンツを着ても、UNIQLOの見切り品着ても、どっちも感想が一緒とかマジ凹む…

著者曰く、ファッションはセンスが必要と思われがちですが、一定以上に魅せる理論が存在するようです。

「はいっ。もうそれでいい。考えるの面倒くさいっ。」っていう僕みたいな人にはおすすめです。

 

メンズファッションの大原則これだけ覚えとけ

ドレス7:カジュアル3の比率

スーツなどのドレススタイル7割、ジーンズやスニーカーなどのカジュアルスタイル3割のバランスがオシャレにみせるポイント。

ジャケパンスタイルとか代表的ですね。

 

スタイルは「I」「A」「Y」で揃える

「I」ラインシルエット=上下ともに細いシルエット

「A」ラインシルエット=トップス細め、ボトムスゆるめ

「Y」ラインシルエット=トップスゆるめ、ボトムス細め

の3種を意識すればメリハリのあるバランスのいいシルエットになります。

ようはトップスもボトムスもだら~っと着たら、当然のごとくだらしなく見えるぞってことですね。

その中でも著者は「I」ラインシルエットをオススメしてます。

スーツと同じシルエットなのでドレス寄りですね。

細身のアイテムで揃えることで、AやYのようにバランス調整する手間を省き、よりシンプルに考えることができるということです。

 

色はモノトーン+1色

色数多ければそれだけカジュアル寄りになります。

全体の色調は統一しておいて、ピンポイントに色を差す

一応デザイナーの端くれなんでこれはよくわかります。

 

まとめ

おすすめのコーディネートアイテムも紹介されているので、何を買うかさえわかんない人は、もうそのまんま真似すればいいんじゃないかな。

…とはいっても、人によって体型や似合う色など様々なので、ひとつの基準として心に留めておくといいかなと思います。

  • 皆に羨ましがられるようなオシャレをなくてもいい。
  • 定番のスタイルを維持したい。
  • モノを減らしたいミニマリスト

そんな人にはおすすめです。