自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【ライフハック】手は仕事道具。きちんとメンテナンスしていい仕事をしよう【職人魂】

f:id:baku305:20170913102345p:plain

手は仕事道具

松浦弥太郎氏の『100の基本』に出ていた言葉。

www.gec-mo-ro.com

松浦氏は 、雑誌「暮らしの手帳」の元編集長で、書店も経営していらっしゃいます。

そのスタッフに向けた言葉の一つがこれでした。

直接商品の受け渡しをする手は、まさに仕事道具。常に清潔にメンテナンスすることを心がけよう。的な感じ。

これはショップ店員に限らず、デスクワーカーであっても同じです。直接お客さんと会わずとも、キーボードを叩いたり、文字を書いたりして作り出している手は全ての職業において仕事道具です。

 

手を丁寧に扱うことで気分が変わる

ボクは仕事が行き詰まったり、集中力が落ちてきた時、気分展開に丁寧に手を洗い、爪をメンテナンスするようにしました。

爪はしょっちゅう切れないですが、ヤスリをかけ滑らかにします。そして手を石鹸で丁寧に洗うと、気持ちがスッキリしてまたモチベーションが上がってきます。

なによりキーボードやマウスって下手すると便器並に雑菌まみれなんで、こうやってマメに手を洗うのは有効です。

 

子どもと一緒に丹念に手を洗おう

さて手の洗い方ですが、子供向けの手洗い順序が非常に秀逸だったのでご紹介。

これは赤十字で教えてもらった方法とまったく同じなので、確実に除菌できる方法ですよ。

第1章 ちゃんと手洗いできてる?

是非お子さんと一緒に覚えましょう♪

 

たとえ、直接人を介さない業務でも、その先に人が存在することを想像して、誇りをもって仕事をしていきたいですね。