自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【書評】暮らしを、整える

f:id:baku305:20170924143355j:image

むりやり捨てなくていい。心と頭を片付けよう

ずいぶん昔に購入したムック本ですが、嫁も大好きでずっと処分せずにもってます。

いわゆる断捨離本ではなくて「暮らしを整理する」。つまり、心を片付けることで、より良いライフスタイルを実現していこうという趣旨のTipsを紹介しています。

なんでも捨てろ捨てろと断捨離することに強迫観念をいただくようになっている人には、ちょっと息抜きになるかと思います。

 

モノ・心・頭の片付け

3つのテーマに分けて、片付けかたの様々なTipsが紹介されています。

ムック本ゆえ、たくさんのカラー写真で構成されており、なにも考えずにボーッと眺めているだけでも癒やされます♪

 

モノの片付け

断捨離のように無駄なモノを捨てろとは言いません。

用途を考えて収納することや、ただかっこいいからそれでよいという考えで、モノを減らすのではなく、視線を変えるとモノの在り方も変わってくるということがわかってきます。

なんでもかんでもルール化した場所に片付けるのでもなく、もっとルーズにズボラな片付けでもよいと思わせてくれました。

 

頭の片付け

頭の片付けはメモ術のTips。

インプットして、選んで、捨てて、蓄える。記憶を循環させる方法の紹介です。

メモの種類、書くタイミング、書き留める内容も様々で、しっかりノートに清書する人もいれば、コピー用紙を1枚ポケットに忍ばせておくという極限までシンプルな方法まで。

ちょっと古い本だからかもしれませんが、スマホにメモるというのはありませんでした。やっぱり手書きのほうが記憶の定着力がいいのかもしれませんね。

 

心の片付け

心の片付けとはストレスを溜めない方法。

これは人によってまったく違うアプローチになりますが、比較的歩くというのが多いですね。

そして何かに集中する時間を作る

音楽を聞いたり、お風呂に入ったり、料理をしたり、おいしいものを食べたり。

コレをすると発散できる。という逃げ道をちゃんと持っておくのが大事ですね。

 

まとめ

今でもリビングのテーブル下に置いてあって、暇な時パラパラと眺めるような本です。

なんてことないムック本かもしれませんが、こういった本こそ、たまに妙に心に刺さるのがあります。

こんな出会いを大事にしていきたいです。