自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【書評】図解「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣:山本憲明

f:id:baku305:20171108131214j:image

習慣を変えることで仕事が速くなる

何事も速く効率よくできるに越したことはありません。

余った時間を好きなことに使えるんで、仕事なんてさっさと終わらせたいところ。

この本では、よく見かけるなんとなーく要領が良く、テキパキ仕事を終える人が何を考え、どのように実践しているのかをわかりやすく図解で紹介してくれてます。

本自体が薄い上に、小学生でも理解できそうなほど、徹底的に図解してくれているので、30分もあれば読了できそう。

サッと読んでパッと実践するにはちょうどよいボリュームです。

 

効率の良さってシンプリスト・ミニマリストの考えと同じ

読んで思ったのは、シンプリスト系の本で大事とされる考え方とほぼ同じってこと。

ちょっとかいつまんでみると…

  • 仕事が速い人はどんどん「モノ」を捨てる
  • 仕事が速い人はインターネットから逃げる
  • 仕事が速い人は朝は早起きする
  • 仕事が速い人はタスクごとに時間管理をする
  • 仕事が速い人はやらない仕事を決める
  • 仕事が速い人は時間のためにお金を使う
  • 仕事が速い人は仕事を断る

見たわ~。シンプリスト系の本でしつこく言われてたわ~。

要は自分の軸を持ってそれ以外は極力排除するって考え方です。

自分の手を速くするにはどうしても時間が必要ですが、やらなくてもいいことはやらないと決めることは比較的簡単にできます。

考え方を変えるだけで、生き方っていくらでも変えることができますね。