自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【断捨離:行動】今日からコレやめます【コーヒーのシュガー&ミルク】

f:id:baku305:20180111204535p:plain

ブラックコーヒーはじめました

コーヒー関係は根っからのカフェオレ党。

子供の頃からコーヒーには必ず砂糖とミルクを大量にぶっこみカフェオレというよもコーヒー牛乳と名付けるにふさわしいものを飲むのが好きだった。

40代になり大人の階段登りきったはずなのに、未だに甘々コーヒーしか飲めないというのも「何だかな~」と思い、コーヒーに入れる砂糖とミルクを一切やめてみることにした。

 

 

ちなみにブラックコーヒー党に入党すれば、このような恩威を授かると思っている。

 

集中力UP

自宅作業の弊害か集中力の低下が危険なレベル。もうすぐだらける。あっという間にだらける。

普段はカフェオレを常飲しているが、勝手なイメージだがカフェオレは「安らぎ」、ブラックコーヒーはハードな「目覚め」を思い描いている。

ブラックコーヒーで蝶野正洋のビンタクラスの衝撃を期待する。

 

コスト安

コンビニの焙煎コーヒーはどれも100円。

それに対しカフェオレはどれも1.5~2倍はする。

外で飲むときでも圧倒的なコスト削減になる。

 

カロリー減

今年はダイエットが目標のひとつ。

今まで愛飲してたカフェオレはコレ↓↓↓

カロリーは一杯50kcalだってさ。ちなみにブラックコーヒー4kcal… ふるえる。

砂糖は小さじ一杯で15kcal。コーヒーフレッシュは一個で16kcal

これを多ければ1日三杯…

もはやブラックコーヒーしか選択肢はない。

 

時短になる

今まではコーヒーまたはカフェオレが出てきたら、砂糖→ミルク→混ぜる→飲む。

アクションもゴミも多い。

ブラックコーヒーは、すぐできるしすぐ飲める。

砂糖やミルク入りのコーヒーカップは放っとけば油脂などでべたつくが、ブラックコーヒーのカップは洗い物も楽だ。

 

それに味を誤魔化せないので、コーヒー豆の違いがわかるようになるかもしれない。

 

まとめ

いざブラックコーヒーに切り替えてみると、思いのほかすんなりと受け入れられている。

子供の頃の苦い思い出補正で飲めないと思い込んでいただけね。

一歩大人の階段を登れたような気がする。(下った可能性もあり)