自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

厄払いにいってきやしたよ(-_-)

f:id:baku305:20180204180308j:image

しぶしぶ厄払い祈願にいってきやした

厄年。人生において数回やってくるその人に厄災が起こりやすい年。

今年ボクは本厄です\(^o^)/

でも、40年も生きてくると、こういう運勢がーとか運気がーとかいう類のものは、眉唾になってくる。

高校時代、めざましTVの占いが最下位で学校を休んだことがあるボクでもである。

 

まあ人間40も越えりゃ、身体にガタもくるし、仕事や人間関係で悩むこともある。

その親にもなりゃ何歳よ。そりゃ色々起こるわいな。

厄年ってそういう統計的なもんなんでしょ?そうだよね?

じゃあ、お祈りしても良くはならなくない?

 
f:id:baku305:20180204180322j:image

地元の神社にいく

とまあ、ごねてみても仕方がない。

自分はどうとも思ってなくても、こういうのは周りが気が気じゃないのね。

地元の氏神さんのところへ。

ここの神主さんの娘とうちの子は同じ幼稚園の同窓生。

なんというか付き合いで祈祷しにいった感じ?

もはや誰に何を祈っているのかわからない。

 

家族の安心のために祈祷してもらおう

さっきも言ったけど、自分は厄年なんて関係ないと思っていても、周りになにかしらの災いが起こると厄年のせいにされてしまう。

だから家族やその周りの人のために、ご祈祷しましたよということを周知しておいたほうが、みんな安心です。

祈祷しても、不幸に見舞われる時は見舞われるんだけどね。

それでも、何事もなければ祈祷のおかげだと安堵し、何かあれば厄年ゆえ仕方がないとあきらめる。

なにか理由があると納得できる。

人間の心理ってうまくできてるね。