自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【シンプルライフ】床を水拭きする【夏の朝習慣】

f:id:baku305:20180704100813j:image
 

行動の断捨離を始めると共に新しい習慣を足してみました。

『朝、床を水拭きする』

いつもはクイックルワイパー的なものでササッと済ましてたんですが、この夏は雑巾で水拭きしてます。

あえての雑巾、あえての水拭き。

 

雑巾拭きのいいところ1:いろいろ目が届く

クイックルワイパー的なものより圧倒的に目が床に近いので汚れがわかりやすい。

壁際の角や畳の隙間などしっかりと磨けます。

我が家は小さな子どもがいるので、子供目線で家の中を確認できるというもの大きい。

口に入れやすい小さなゴミ(我が子は乾いた米粒が好き)や、家具の突起など危険なものの発見率が断然違います。

 

雑巾拭きのいいところ2:安っすい

雑巾はおもに使い古した衣類。

汚れたら捨てても後悔なし。

洗って再度使うもよし。

とにかく買わずにすみます。

 

雑巾拭きのいいところ3:運動になる

低い視線で腕を大きく振る作業はとても運動量が大きい。

四つん這いから起きて雑巾洗って、また四つん這い。バーピーか!ってくらいハードな運動。

ほんの少しの時間でも汗ばんできます。


家で出来る脂肪燃焼!1分間ゆっくりバーピー有酸素運動!

 

雑巾拭きのいいところ4:気持ちええ

気分は僧侶の朝のお勤め。

丁寧に心を込めて床をすみずみまで磨く。

手で磨いただけにいつもよりもキレイに見える。あら不思議。

気持ちのスッキリ感がただのルーティンとしての掃除と全然違います。