自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【ミニマリスト】本はもっぱら古本です【物欲リミット開放】

f:id:baku305:20180710211606j:image

ミニマリストは我慢することじゃないよ

モノを持たないミニマリストは、「不必要なモノを持たない」メンタルを身につけることが大事なのであって、何があってもモノを買わない、我慢するということが主旨ではありません。そりゃただのケチだからね。

だから自分にとって大事なこと、好きなことにはドーンとお金使っていいんです。モノを増やしてもいいんです。

ボクは数ヶ月に一度、好きなことのために支出のリミットを外すことにしています。
買うものは「本」です。しかも「古本」。

ミニマリストなら「電子書籍」でしょ!

と思うかもですが、紙の本が好きなんです。

電子書籍はスペースもとらず、出先に何百冊も持ち歩けて便利ですが、実際何度も読み返す本なんてそうそうないんですよ。ましてやネット購入だと、たまたま出会った良書なんて偶然もないわけですし。

そんなわけで、本屋さんうろつくのが好きなんです。

でも買うのは「古本」。なんでかっていうと、、、

 

古本屋のココがスキ!

中古ゆえに安い

まあほぼこれだけが理由なんですがね(汗)

モノによっては新刊本でも取り扱いがあります。ひどいねー。

安く買えるってのはやっぱ助かる。読み終わった後、また売りに出して別の人の役に立ちます。電子書籍で中古はないですからね。

でもこれって作者には一銭も入らない行為なので後ろめたさはありますが(´・ω・`)

出会いがある

大手本屋と違って、古本屋は全巻揃っていなかったり、ジャンル分けが適当だったりします。ゆえに思いもかけない良本との出会いがあったりなかったり。まさにセレンディピティ。

100均ワゴンが大好き♪

 

電子書籍のココがイヤ!

安くはない

まあ当たり前ですが、紙の書籍と比べてコストが低い割には安くありません。

もし半額くらいになるんだったら紙の書籍絶滅するしね。

今の所、各ECサイトの割引セールでしかお得にゲットすることができないってのも悲しいところ。

欲しいタイトルがなかったり…

読み放題のプランなど、お得に活用することもできるけど、紙書籍のほうがジャンルが圧倒的に多い。

いやまあ電子書籍ってサービス始まってまだ数年だし、これからさらに充実するのは確実だけど、昔読んだあの名著がどうしても!ってときは紙に頼らざるを得ません。

便利…かな?

いつでもどこでも読めるってのは便利だけど、すべての本を持ち歩くと選択肢が多すぎて集中できないかも。目移りしちゃう質なんで…

寝る前に本読むのが好きなんだけど、電子書籍だと寝る前のスマホ断ちにならないんよねー。

Kindleとか専用のリーダー使えばいいんだろうけど、ガジェット増やすのはどーかなー…

 

そんなわけで、古本屋を愛用しております。

BOOKOFF店減ったなぁ。