自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

MENU

書評

メンタリストDaiGoの心を強くする 300の言葉:メンタリストDaiGo

ちょっと心が荒んだ時に一服 動画配信で今や『教える系配信者』としてもトップクラスのメンタリストDaiGo氏の著書。 こういう背中を押してくれる系の本って、ちょい凹んでるときに読むと耳障りがよくてホッとするんで気持ちがダウナーな時にあると重宝するの…

反応しない練習:草薙龍瞬

まわりの目が気になって息苦しい 最近「オレなんて…」と自虐的 ゆるく仏教思想を知りたい 悩みは「消す」ことができる。そしてそれには「方法」がある――ブッダの「超合理的で、超シンプル」な教えを日常生活に活かすには? 注目の“独立派”出家僧が原始仏教か…

暮らしを、整える:部屋と頭と心のお片づけ (私のカントリー別冊)

ただモノを減らし続ける断捨離に疲れ気味 家にいても落ち着かない シンプルな生活に憧れる むりやり捨てなくていい。心と頭を片付けよう ずいぶん昔に購入したムック本だが、嫁も大好きでずっと処分せずにもってる一冊。 いわゆる断捨離本ではなくて「暮らし…

手ぶらで生きる。:ミニマリストしぶ

さとり世代ミニマリストに興味がある 極限までモノを減らしたい ミニマリズムのマネタイズに興味津々 「あれを買わなきゃ、あれを食べなきゃ、もっと稼がなきゃ……」それらの望みは、本当に実現したいものだろうか? 「人からよく思われたい」「恥ずかしい思い…

【書評】フィンランドのファミリースタイル:ジュウ・ドゥ・ポゥム

長い自粛期間で神経すり減り気味 家の中を新鮮にしたい なんだかんだでマリメッコ 冬が長いフィンランドのお家の中は色彩あふれる癒やしの空間 初めてのヨーロッパ方面の旅行は映画『かもめ食堂』に憧れてフィンランドに。 もう10年以上前だが、関空から直行…

【書評】人生是、途中なり:松尾スズキ

非常にベタに人生悩んでる どうせ相談するならとんがった意見が聞きたい 松尾教信者 著者のメールマガジンの人生相談を再構成し「恋愛篇」と「人生篇」の2冊に分けて書籍化。こちらは「人生篇」。演出家、作家、俳優、映画監督とさまざまな仕事をこなす著者…

最小限主義。「大きい」から「小さい」へ モノを捨て、はじまる“ミニマリズム"の暮らし:沼畑直樹

ミニマリストの源流を垣間見たい ミニマリズムの精神を培いたい ミニマリズムは貧乏人の隠れ蓑じゃないよ モノも、仕事も、人間関係も最小限でいい―部屋を片付け、モノを捨て、減らす。キレイになった部屋で考える。さて、次は何を減らそう?最小限主義=ミニ…

【書評】多動力:堀江貴文

やりたいことは全部やりたい 特別な人間になりたい ホリエモンがいうんなら絶対だ 「石の上にも三年」「真面目にコツコツ」が評価される時代は終わった――。インターネットの到来で、ありとあらゆるモノがつながった今、次から次に自分が好きなことをハシゴし…

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく:堀江貴文

ホリエモンが好き ホリエモンが嫌い 人生盛大にしくじった 誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。失敗しても、またゼロに戻るだけだ。決してマイナスにはならない。だから、一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。 堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを…

【書評】ヨチヨチ父-とまどう日々-:ヨシタケシンスケ

新米パパという認識すら薄いパパ そんなパパに冷めた目線を送るママ なにはともあれヨシタケシンスケが好き ママっていつもイライラしてるよね?パパって何か蚊帳の外だよね・・・?話題の絵本作家・ヨシタケシンスケが父になってわかった“トホホな真実"を描く…

【書評】風の谷のあの人と結婚する方法:須藤元気

マルチな人間になりたい 人間は何者にもなれるという確信がある ナウシカは俺の嫁 格闘家から作家へ。変幻自在のトリックスター・須藤元気が、“幸せに生きるヒント”を大公開。「自分をポジティブに変える近道は、プラス思考の人たちの中に身を置くこと」「無…

【書評】エッセンシャル思考:グレッグ・マキューン

多動力ってほんとに正解? やっぱミニマム思考 どうにもやることが多すぎて何事も中途半端になりがち 2014年の『NYタイムズ』『WSJ』ビジネスベストセラー、日本上陸! ダニエル・ピンク(『モチベーション3.0』著者)クリス・ギレボー(『1万円起業』著者)アダ…

【書評】東京の夫婦:松尾スズキ

よる年の瀬に完全敗北してる 年の離れた嫁に完全敗北してる 松尾スズキの才能に完全敗北してる 「僕、51歳、福岡出身。M子、31歳、茨城出身。東京で出会った」 東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳…

【書評】わたしは最高にツイている:小林聡美

いつも自然体のゆっくりとした時間 著者は女優の小林聡美さん。記憶があるのは「やっぱり猫が好き」でなんとな~く覚えていて、映画「かもめ食堂」での自然体な演技でより好きになった女優さん。 几帳面さとズボラさを絶妙なバランスで持ち合わせている、な…

【書評】TOKYO YEAR ZERO:デイヴィッド・ピース

1945年8月15日。玉音放送の響く中で見つかった女の死体。そして1年後に発見される第二、第三の死体。GHQ占領下の東京に殺人鬼が徘徊している!そいつを追う警視庁の三波警部補。だが三波自身も警察組織も暗い秘密を隠していた…。実在の連続殺人に材をとり、圧…

【書評】東京百景:又吉直樹

文学青年ぶりたい 散歩途中で本を読みたい 火花を読んで又吉直樹にハマった 芥川賞受賞作『火花』、4月公開の話題の映画の原作小説『劇場』の元となるエピソードを含む100篇のエッセイからなる又吉文学の原点的作品『東京百景』が7年の時を超えて、待望の文…

【書評】アウトロー:リー・チャイルド

アドレスホッパー系ミニマリスト ご当地ミステリー好き トム・クルーズファン 平和なダウンタウンで起きた、ライフル狙撃による無差別殺人。容疑者は6時間後に逮捕された。証拠はこれ以上ないほどに揃っており、誰もが容疑者の有罪を確信していた。だが容疑…

1分間アドラー:桑原 晃弥

なんだか心がモヤモヤしている人 仕事や恋人との関係がうまくいっていない人 自分と向かい合いたい人 結局、我々に対人関係以外の問題はない アドラーの思想のポイント この本を読んで心に響いた言葉 009 人生のチャレンジが無尽蔵であることは、幸福である…

モノが少ないと快適に働ける:土橋 正

会社のデスクがいつもグチャグチャ 今いち仕事に集中できない やらなきゃいけないことがいっぱいでいつも頭がパンク状態の人 なぜ、残業ゼロの人は、デスクがきれいなのか・・・・・・? 仕事が早い人はやっている、秘密の習慣◇紙類の流れをつくる◇いつでも…

【書評】99の持ち物で、シンプルに心かるく生きる:ドミニック・ローホー

なんか生活がモヤモヤしてる ミニマムライフを実践してみたい ワタシハフランスジンダ ベストセラー『シンプルリスト』の著者が、生活のなかで必要なものをリストアップし、最後まで残った99の私物。―選ぶことはイコール人生を開くこと。 Amazon シンプリス…

【書評】マンガでわかる株式投資!女子高生株塾

どうも、資産運用ビギナー、バクバクさんです。 我が家で資産運用と名のつくもので唯一なのが株です。 初めて数年だけど、ほんといい年になるまでトンと興味のない世界だっただけに何がわからないかわからないというような状況。 で、初心者向けのサイトや書…

【書評】しない生活 煩悩を静める108のお稽古:小池 龍之介

『禅』に興味があって、なにか読みやすいものがないかなと物色してた際に出会った一冊。 お坊さんの本は、丁寧な文体だけど禅語など専門的な言い回しも多く、さらに修行的側面も強いため、自分に活かすにはハードルが高いっていうイメージだった。 そこでま…

【書評】最近読んだ本たち#10

シリーズモノの並列読みってなんだか疲れるな…… エロスの果て:松尾スズキ 憑き御寮 よろず建物因縁帳:内藤了 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2 魔海の冒険:リック・リオーダン

【書評】最近読んだ本たち#09

最近時間が空けば映画か読書。ヒキコな生活だな~ 新世界:西野 亮廣 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:リック・リオーダン 首洗い滝 よろず建物因縁帳:内藤了

【書評】最近読んだ本たち#08

最近は自己啓発の本は避けつつ小説の気分。 創作世界への没入感が気持ちいい。 詩的私的ジャック JACK THE POETICAL PRIVATE S&Mシリーズ:森博嗣 封印再度 WHO INSIDE S&Mシリーズ:森博嗣 鬼の蔵 よろず建物因縁帳:内藤了 詩的私的ジャック JACK TH…

【書評】最近読んだ小説#07

仕事の合間にちょっとずつ読みすすめるのが好き タモリ論:樋口毅宏 笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE S&Mシリーズ:森博嗣 落語こてんパン:柳家喬太郎

【書評】最近読んだ小説#06

小説っつうかライトに読んだ本ね スズキが覗いた芸能界:松尾 スズキ 冷たい密室と博士たち:森 博嗣 荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟:荒木 飛呂彦

【書評】最近読んだ小説#05

一つのシリーズを読み切ったのはハリーポッター以来♪ ビブリア古書堂の事件手帖6 ビブリア古書堂の事件手帖7 マシーン日記 悪霊:松尾 スズキ

【書評】最近読んだ小説#04

ラノベを一気読みしたのはじめて・ω・ ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~:三上 延 ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~:三上 延 ビブリア古書堂の事件手帖5~栞子さんと繋がりの時~:三上 延

【書評】最近読んだ小説#03

寝る前読書のやすらぎ感パない。 クワイエットルームにようこそ:松尾スズキ 恥知らずのパープルヘイズ:上遠野浩平 まとまったお金の唄:松尾スズキ