自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【シンプルライフ】銀アクセサリーを重曹で簡単メンテナンス

【シンプルライフ】銀アクセサリーを重曹で簡単メンテナス

家に放置してあったシルバーアクセサリーをメルカリに出品するために清掃が必要だったんですが、かなり簡単で工程が面白かったのでちょっとご紹介。

黒ずみの原因

銀のアクセサリーって買った時はキラキラの鏡面だったりするのに、いつの間にかくすんで光沢が失われてたりしますよね。いわゆる黒ずみの状態。あれってなんでなるんでしょう?

黒ずみの原因は「硫化」。空気中に含まれる微量の硫化水素にシルバーが反応し黒くなる。つまり、空気に触れているだけで徐々に黒ずむってこと。銀は定期的なメンテナンスがぜったいに必要なんです。

硫化水素は硫黄が水素と化合したものなので、硫黄そのものでも黒ずみの原因に。しかもこの硫黄、人体に含まれているものなので、身につけているだけで汗や皮脂の影響で黒ずむという無理ゲーな仕様。

ちなみに温泉に入れば、大量の硫黄に反応してすぐに黒ずみます。

f:id:baku305:20190407134132j:plain

メルカリに出品予定の銀アクセサリー
うん、発掘されたのかなってくらい黒ずんでるね

 

日頃の手入れ

身につけているだけで黒ずんでいくシルバーアクセサリーは、毎日柔らかいクロスで拭く習慣が必要。よくお金持ちの家で執事が銀の食器を磨いてるでしょ。(勝手なイメージ)

アクセサリー専用のクロスでもよいし、メガネ拭きでもOK。

保管方法

できるだけ空気に触れさせないほうがいいので、しっかり拭いた後はジップロックなどの密閉容器に入れて保管しましょう

 

黒ずみを防止し光沢を取り戻す方法

しっかりメンテナンス、保管しても黒ずみは避けて通れない道。

自宅でできる簡単なお手入れ方法がこちら。


用意するもの
  • 重曹
  • アルミホイル
  • 耐熱容器
  • 熱湯

やりかた
  1. 耐熱容器にアルミホイルを敷く
  2. 重曹を大さじ1杯いれ、熱湯をそそぐ
  3. シルバーアクセサリーを沈める
  4. 5~10分ほど放置
  5. アクセサリーを取り出し、水でよく洗う
  6. 柔らかいクロスで磨く

f:id:baku305:20190407134240j:plain

耐熱容器の底にアルミホイルを敷く

f:id:baku305:20190407134314j:plain

とにかくなんでもできる子『重曹』を用意

f:id:baku305:20190407134356j:plain

銀の量によって加減は必要だろうけどまずは大さじ1杯を投入

f:id:baku305:20190407134438j:plain

お湯じゃなくて『熱湯』を投入
熱いほうがよく落ちる気がする

f:id:baku305:20190407134528j:plain

銀アクセサリー投入!すぐに反応がはじまりシュワシュワと音を立て始める

f:id:baku305:20190407141154j:plain

5~6分放置するとお湯の色がこんなに……
汚れが落ちてる落ちてる

f:id:baku305:20190407173952j:plain

約10分つけ込み取り出したところ
確実に黒ずみが落ちてる!

取り出した直後は、黒ずみは落ちてるがやや白っぽい感じ。

クロスで磨くことで本来の光沢になりました。

注意する点は、銀アクセサリー投入後のシュワシュワはかなり独特な匂いがします

換気はしておいたほうが無難。

 

漬けておくだけで簡単キレイになりました

ほぼ重曹のおかげですが、超簡単です。

ただ定期的なメンテナンスというよりは、黒ずみがある程度沈着してしまってからやったほうがいいかな。

普段はクロスで磨いてあげるほうが銀にはよいかもしれません。

ちなみにお手入れ方法は他にもあるので試してみて♪

 

その他のお手入れ方法

歯磨き粉で磨く

歯磨き粉をつけ、使わなくなった歯ブラシや指、布で磨く。

歯ブラシは硬いとシルバー傷つける恐れアリ。

しっかり水洗いし、水気をとること。

お酢に浸す

重曹よりも簡単。数分浸したのち水洗い。

シルバー以外のパーツがあると変色の恐れがあるので注意。

塩で煮込む

鍋にアルミホイルを敷き、水1:塩5の割合で数分煮込む。

水で洗いながし、水気をとる。

※いぶし銀加工のアクセサリーには使えません

 

今日の一言

子どもたちが部屋に充満した重曹液からのシュワシュワの匂いを嗅いで「父がうんこを漏らした」と信じて疑いません。