自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【映画評】今週のだら見映画#63

【映画評】今週のだら見映画#63

気がつけば追い詰められる系ばっかり見てた…病むw

 

サラリーマン・バトル・ロワイアル


「サラリーマン・バトル・ロワイアル」12.2 ブルーレイ&DVDリリース

ストーリー ★★★☆☆
パニックサスペンス ★★★☆☆
邦題ひどくね? ★★★★★

原題は「THE BELKO EXPERIMENT(ザ・ベルコ・エクスペリメント)」。こっちの方がかっこよくね?

邦題のネーミングセンスがもうアルバトロスフィルム臭いよね。
※アルバトロスフィルムはB級劇場未公開作品とかクソ映画をこよなく愛する偏食映画配給会社

郊外のベルコ社という会社社員80名を自社ビルに監禁し、心理試験と称しお互いに殺し合いをさせるという最高に中二病を発症したストーリー

理由とか目的とかどうでもいいのよ。

80名から最後の一人まで続けるが尺がないから減らし方がやや雑。

日本の問題作「バトル・ロワイヤル」の社会人版と考えればよろしい。

 

ウォーリアー&ウルフ


映画『ウォーリアー&ウルフ』予告編

ストーリー ★★☆☆☆
大河スペクタクル ★★★☆☆
モニターの明度の問題じゃないからデフォでこの暗さだから ★★★★★

原作・井上靖×主演:オダギリジョー×衣装・ワダエミというこれでもかのビックネーム。

…の割に画面暗くね?ワダエミの衣装が見えないんだが。

ちなみに総製作費7億円の超大作なのこれ。

井上靖原作の作品は、昭和の大作「敦煌」が有名かな。あの雰囲気が今作にも確かに漂ってる。ちなみに「敦煌」の総製作費は35億円ね。昭和ってすげぇ。

あとマギーQいいよねマギーQ、マギー司郎の娘じゃないよ。アメリカ人だよ。

全編中国語なんだけど、オダジョー完全吹き替えなのな。

 

哭声/コクソン


3/11(土)公開 『哭声/コクソン』予告篇

ストーリー ★★★★★
オカルトミステリー ★★★★★
全敗するエクソシスト ★★★★★

オカルトめいた猟奇事件。実は巧妙に仕組まれた計画殺人だった……的なミステリーかと思いきやガチオカルト作品。

疑心、思い込み、先入観、偏見、そういったものに振り回されジワジワと追い込まれていく主人公の心情に同化するとガチで怖くなってくる。

同じアジア人でも韓国人にとって疑心の対象となりえるキーパーソンとして日本人俳優國村隼の起用なんだと納得。これが中国人俳優だと違うんだよね。

この國村隼の異様な存在感、ぜひ味わって欲しい。

 

白ゆき姫殺人事件


『白ゆき姫殺人事件』予告編

ストーリー ★★★★☆
サスペンス ★★★★★
めっちゃ美人なのになぜかブサイクに見える井上真央のハイレベルな演技力 ★★★★★

深夜に少し見はじめて途中でやめる予定だったけどグングン引き込まれ最後まで見てしまった。ちょい寝不足。それくらいの面白さ。

人は保身に走るとこうまであっさり人を再起不能になるまで傷つけていくのかと薄ら寒くなる展開。

湊かなえ作品はほかに『告白』も映画化されているけれど、身近に潜む人のエグさを描くのがほんとうまい。

けっこう精神を蝕む作品なんで、人間関係に悩んでいる人は見るの注意な。