自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【映画評】今週のダラ見映画.038

f:id:baku305:20181225210530p:plain

映画は映画館で観たいけどチケット代を捻出できずいつも断念

 

シャニダールの花


映画「シャニダールの花」予告編

ストーリー ★★★☆☆
ミステリー ★★☆☆☆
世に奇妙な… ★★★★★

終末論を描いたような不思議な作品。

静かな画作りでゆっくりと人が狂っていく様は日本映画特有の味。

所長役で古舘 寛治がでてますが、この人、次の名バイプレイヤーになると踏んでます。

だいたい嫌われる人の役が多いよね。

 

後妻業の女


「後妻業の女」予告

ストーリー ★★★★★
人間ドラマ ★★★★★
金の亡者はだいたい関西人 ★★★★★

金と欲がテーマとなるとすぐに大阪が舞台になるのは地元民として悲しい。そのとおり過ぎて。

トヨエツのエセ関西弁に癒やされるのは『ラブレター』以来か。

これだけの大ベテランが大挙して出演してるのに、存在感で圧倒する大竹しのぶが凄すぎる。

『黒い家』を観た時以来、本気で恐怖を感じる女優はこの人だけ。

 

ザ・プレデター


映画『ザ・プレデター』予告 究極のプレデター降臨編

ストーリー ★★★☆☆
アクション ★★★★☆
監督が1で吊るされた人 ★★★★★

回を重ねるごとに、プレデターのミステリー性が薄れ、トリガーハッピーなアクションが増え、脚本が雑くなるシリーズですが、今回は知られざるプレデターの後付け設定がわんさかでてきますよ。

意外と凡庸な台所事情、もはや戦士の誇りもない改造手術、『プレデターズ』にも出ていた猟犬(駄犬)も登場。

そして、名物『背骨抜き』の真の目的が…!

脱力して刮目せよ!

 

ホースメン


『ホースメン』予告編

ストーリー ★★☆☆☆
サスペンス ★★☆☆☆
チャン・ツィイーのロリータ ★★★★★

黙示録をなぞった見立て殺人だと『セブン』が衝撃的でしたね。

こちらは『ヨハネの黙示録の四騎士』を題材とした猟奇殺人事件。

『セブン』と同じテイストを狙おうとしたみたいだけれど、伏線全然回収できてねぇ。

そもそもこの意味ありげに意味がなかった少女役のチャン・ツィイーのキャスティング合ってる?いくらアジア人が童顔とはいえ、この時30歳よ。