自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【書評】わたしは最高にツイている:小林聡美

ワタシは最高にツイている (幻冬舎文庫)

いつも自然体のゆっくりとした時間

著者は女優の小林聡美さん。
記憶があるのは「やっぱり猫が好き」でなんとな~く覚えていて、映画「かもめ食堂」での自然体な演技でより好きになった女優さん。

几帳面さとズボラさを絶妙なバランスで持ち合わせている、なんだかいるだけでのんびりした気分になる女優さんなのね。

内容も小林さんのキャラが反映されたぬる~い展開(*´∀`*)

自分のペースを大事に丁寧に生活されている方だなぁっと。
必要以上に持たず、考えず、ダメなところも認めつつ、ゆ~っくりとした時間が流れる文面が心地よい。

週末の午後に紅茶と大福を携えて読むのにぴったりの作品よ(゚∀゚)

ワタシは最高にツイている (幻冬舎文庫)

ワタシは最高にツイている (幻冬舎文庫)

  • 作者:小林 聡美
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/02/01
  • メディア: 文庫