自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【映画評】今週のダラ見映画.017

f:id:baku305:20180914192141p:plain

仕事が立て込んでるけど、映画を見れてるってことはまだ大丈夫だな(゚∀゚)

セル


「セル」予告編

ゾンビパニック映画は数あれど、あのスティーブン・キングが原作となるとずいぶん趣が変わります。

キング作品って最後は家族愛とか友情とかが落とし所になることが多い割には、序盤のインパクトが強すぎるんで、不可思議な感じになるんよね。

どの作品に出ても頼りになりすぎるサミュエル・L・ジャクソンも空気のように退場です…

 

オデッセイ


映画『オデッセイ』予告編

漂流サバイバル作品って好きなんです。アイデアを活かして今あるもので問題を解決するのってかっこいいですね。

それが火星でってなるとマジ面白い!

火星であるもので自給自足するにはどうすればいいか?さらに地球へ帰る方法、地球との連絡手段までその場にあるものを徹底的に応用してひとつずつ解決していく。

このハングリーさがほしい!

 

エージェント:ライアン


『エージェント:ライアン』予告編

トム・クランシー原作の「ジャック・ライアン」シリーズのリブート作品です。

トム・クランシーの作品はアメリカを軸に政府間の陰謀、テロなどシビアな問題をテーマにすることがほとんどです。映画ではかなりわかりやすくしてるんだけど、一度池上彰氏に説明してほしい!なんて思うこともしばしば。なんて思ってたら字幕監修が池上彰氏だった… そうか…だからわかりやすかったのか…

 

ライフ


『ライフ』予告

似たような名前の作品けっこうあるんで、ややこしいんだけど2017年公開のSF作品です。

火星探査機で持ち帰ったサンプルに地球外生命体を発見。培養してみたところ、とんでもなく凶暴な種でクルーたちが次々に犠牲になっていくという、まあ、大筋よくあるストーリー。

でも真田広之でてんですよ。好きなんですよ。

いまハリウッドで確実に足場固めていってるのは渡辺謙じゃなくて真田広之だと思うんですよね。

国際宇宙センターってどの映画でも最後は完膚なきまでに壊れるな(汗)