自意識朦朧

Simple Lifeを妄想するライフログ

【書評】ウルトラライトハイカー【ミニマリスト必読】

f:id:baku305:20181130112101j:plain

より「少なく」「軽く」「遠く」へ

最近むくむくとアウトドア熱が再燃してます。

元ボーイスカウトでフィールドワークを主とする専門学校へも通った経験があるボクはテントこそ持ち合わせてませんでしたが、軽くキャンプする程度の道具は一式持ってました。

結局その用品はミニマリストに目覚めた時に多くを断捨離してしまったんですが、アウトドアを諦めた原因の一つが趣味としてお金と道具が際限なく必要であることでした。

今の人がキャンプのイメージとして浮かぶのは、車に椅子やテーブルなどアウトドアブランドの家財道具一式を積み込んでいくオートキャンプ

富士山やアルプスなど標高の高い山へ行くためにハイスペックな道具と緻密な計画が必要な縦走登山

手ぶらだけど高額のお金を払うことで、今までのキャンプのイメージを一変させたラグジュアリーな世界を体験できるグランピングなどかな。

どれもお金と道具と知識がなければ敷居が高い印象がありますね。

本来もっと自由度が高くて、気楽なものであったはずのキャンプがこうもモノに溢れたスタイルになってきたのは、ボーイスカウト経験者としてはちょっと悲しいなと思っています。

 

 

そんな中、アメリカで発祥した一つのスタイルがウルトラライトハイク

日本とは比べ物にならないほど広大な自然があるアメリカでは自然と戯れるにもスケールが違う。

ロングトレイルという数千キロにも及ぶハイキングルートがあり、キャンプ道具一式を全て担ぎ数ヶ月かけて踏破する。そんな楽しみ方があります。

数ヶ月もの道程を歩ききるには、持ち歩くものはより軽く、少なく、耐久性の高いモノを厳選する必要があります。

余計はものは一切持たない。

 

まさに『足るを知る

 

ストレスを減らし身軽に遠くまで進む、ミニマリズムに通ずる考え方です。

そんなスタイルのキャンプに魅せられまして、いろいろ関連書籍を読んでる次第。

 

 ウルトラライトハイカーのスタイル集

この本は日本の10人のウルトラハイカーの実際のハイクでの食事や寝床の紹介、装備のリストなどをまとめたスタイル集です。 

f:id:baku305:20181130112111j:plain

ウルトラライトハイクといってもそのスタイルは自由でウルトラライトに目覚めた経緯も様々。

ただどのハイカーもより深く自然と向き合い楽しもうとするという目的は同じで、何を楽しむかが明確でシンプル。

一つのことに集中するために他を捨てるという考え方。

f:id:baku305:20181130112126j:plain

テントやシュラフなど快適性と軽量化を秤にかけた居住性、どのようなシチュエーションでも使い回せるよう厳選した衣類、すべての無駄を削ぎ落とすために歯ブラシの柄さえも削り落とすミニマム装備。

普段の生活でも使えそうな究極まで減らすアイデアが満載です。

f:id:baku305:20181130112134j:plain

徹底しているのは装備リストにはグラム単位で重量が記載されていること。

ウルトラライトは食料・水を含まず装備品は7kgに収めるというのが一つの基準になっています。

7kgってかなりの軽さよ(*_*)

 

ウルトラライト専用のギアも商品としてかなりあるんですが、より軽量をもとめて100均アイテムを改造したりと試行錯誤が見えるのも面白い。

例えば、食事に使うバーナーは最小限にアルコールストーブを使うとする。市販のアルコールストーブもありますが、実はこれアルミ缶で自作できます。完成品はアルミ缶1/3くらいの大きさなんで数十グラム。さらにコスパもいい。

ウルトラライトは発想と工夫のかたまりですね。

 

ハイキングじゃなくても応用可能

ボクはウルトラライトでハイキングは想定してません。

ひとつの場所でのんびり過ごす。いわゆるゆるキャンが目的。

ただ公共交通機関で移動するので最小限の荷物が理想です。

のんびりが目的だから食料は切り詰めなくていい。

のんびりするための本や椅子、防寒具は持っていく。

なにをするかによって必要なもの。そうじゃないものを柔軟に入れ替えることによって様々なスタイルに対応できるのがウルトラライトの魅力です。

 

より楽しむために選択して集中する

ミニマリストにこそ読んでもらいたい本でした。